えびの市農業協同組合は地産地消をすすめています。

Recruitment Information

事業内容

いちご経営(高設栽培)・・・1,815㎡×3棟、924㎡×1棟

場  所

宮崎県えびの市内(畝倉地区)

募集内容

条  件 1.農業に対する固い意志と意欲がある新規就農者
2.農業に対する固い意志と意欲がある農業者
年  齢 1.45歳未満まで
2.概ね50歳まで
期  間 平成28年8月~平成29年3月
(定員になり次第締切)
人  員 3名程度
研修期間
(新規就農者)
平成29年4月~平成30年3月
(最大1年間の延長可)
就農時期 平成30年6月予定

受入条件

自己資金200万円以上の方(残高証明書により確認)
※新卒者および新卒者に準ずる方については、親権者または身元保証人による残高証明書でも可とします。
心身ともに健康である方(健康診断書により確認)
研修後にえびの市に定住し就農できる方
身元保証人の確保のできる方
下記各項のいずれかに該当する場合は、応募ができません。

①暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という。)

②次の各号のいずれかに該当する者
1)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
2)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
3)自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
4)暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
5)役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

就農者への支援策

青年就農給付金(準備型、経営開始型)の活用を計画しております。
※上記の給付金要件に満たない場合は、えびの市の新規就農者定住促進事業補助金等を活用する。

就農前支援

1)えびの市内の優良農家等にて実務研修の実施
2)就農に必要な各種研修会・説明会への参加と資格取得の支援
3)JAのいちご部会等への行事参加
4)就農準備に伴う支援(営農計画書作成等)
5)JA、行政と連携した住居の斡旋等の生活支援

就農後支援

1)育成指導農家として位置づけし、営農・経営指導の強化(JA,普及センター、市等と連携した指導)
2)各種補助事業や資金の情報提供、活用に関する指導
3)地域にとけこむ為の指導(JAいちご部会、JA青年部、消防団加入等)
4)経営安定に必要な支援(JA、行政への依頼)